農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 31日

道草を食う


輸入牛肉事件を書いたときに紹介した松永和紀さんのホームページに「ワキラボ」というのが
ある。開くと、いきなり「私は、中西準子氏を応援します」と出てくる。

僕も、「百姓の知恵袋」の参考資料の中で、環境問題などについて「勝手に推薦」として紹介
した(しかも間違いなく一級品と折り紙までつけた)わずか三つのWEBサイトの一つに中西さん
の「雑感」を挙げているくらいだから、注目して当たり前。

なにが問題になっているかというと、中西さんが「雑感」で書いた記事が名誉毀損に当たると
して京都大学の某教授から訴えられたという事件だ。「名誉毀損」の対象になった事柄自体は
両者の研究内容とはほとんど関係のない、ある意味で些事に過ぎない。
事件の詳細を知りたい人は
環境ホルモン濫訴事件:中西応援団のサイト
を見ればよいけれど、内容そのものにはそれほど実りのあるものではない。
むしろ問題は、ARG(ACADEMIC RESOURCE GUIDE)231号で編集子が書いているように、
「驚き、そして怒りを感じている。なぜ、批判された松井さんはいきなり訴訟という形に持ち
込んだのだろうか。なぜ自分の個人ホームページで反論を公表しなかったのだろうか。研究者
という職業人が「対抗言論」(More Speech)に訴えることなく、訴訟に持ち込んだことが哀し
い。自由な言論や論争に「萎縮効果」(Chilling Effect)を引き起こす訴訟を起こしたことが
哀しい」
という点にある。
一言で云ってしまえば、「研究者として情けない」ということだが、仮に「萎縮効果」が実効
を持つとすれば
、中世ヨーロッパの異端審問官、旧社会主義諸国の共産党思想統制委員会、
アメリカの赤狩りのマッカーシーなどと同じ役割を果たす小粒先駆者ということになる。

僕自身にしたところで、中西さんのHPほどの影響力もないから、相手にされる恐れはないけ
れど、質からすれば「有機農業30年の経験をつんだ農学博士の集大成」(偶然にも京都大学
農学博士だ)と銘打った本を、支離滅裂だの、お気楽だの、ノー天気だの、子供じみた誹謗だ
のと書いているのだから、名誉毀損で訴えられる可能性ゼロにあらずだ。つまり事件の本質的
中味は同じということだ。但し、筆者の人格的誹謗に当たるようなことは一言も書いてはいない
どころか、その基本的価値観は共有できるはずとさえ書いている。
中西さんの「雑感」にしたところで、人格的誹謗にわたることは何も書いていないと僕は判断
するが、その判断を国家権力に委ねようとは、研究者としての自殺行為に等しい。
[PR]

by agsanissi | 2006-01-31 10:58 | ミミズの寝言


<< 言葉が消える...      有機物信仰?! >>