農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 09日

醒めた目


「アゴタ・クリストフと松永和紀と仲間社会」とつなげれば、下手な三大噺のようだ。

このところ何回か続けて松永さんを取り上げたけれど、陰ながらファンになりそうだ。
9日付けのFood Scienceに「松永和紀のアグリ話●BSEも東横インもルール破りの
背後に潜むものは‥‥
」が載っている。

もう引用はしないが、関心のある方は見ていただきたい。
アゴタ・クリストフと松永さんに共通点があるとすれば、それは醒めた目だ。
世間に迎合するだけの低次元の抵抗精神の発揮だけに満足する面々には、無縁の目だ。

こういう醒め方をされると、仲間社会では「興醒めだ」という。
というわけで、ある種の「仲間社会」からは、毛嫌いされ、聞く耳持たぬ扱いを受ける。
[PR]

by agsanissi | 2006-02-09 10:19 | ミミズの寝言


<< ムードで動く      「ふたりの証拠」 >>