農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 13日

浴光育芽と芽かき

c0048643_17432017.jpg全体は、こんな感じで広げてある。
こんな写真を見ると「浴光育芽」て大変だなと思うかもしれないが、
普通はせいぜい数十キロの種芋だろうから、こんな大掛かりな
施設は要らない。軽トラックの荷台でも200キロの芋を広げるには
充分な広さだ。

ただ広げて、充分に日光浴をさせて、温度管理に注意すれば良い
だけだけれど、技術として普及してないせいで本州の人はほとんど
これをやらない。

「芽かき」作業は、当たり前の管理と思っている人は大勢いるけれど、浴光育芽を不可欠の
管理作業
と心得ている人は(本州では)意外と少ない。
試みに、googleで「芽かき」(または芽欠き)+ジャガイモ(または馬鈴薯)を検索すると、
1350件近くヒットするが、浴光育芽+ジャガイモ(または馬鈴薯)は220件程度だ。

非常にラフな言い方をすると、浴光育芽をやらないから、「芽欠き」という無駄な作業が
必要になると思えば良い。しかも「芽欠き」によって、ジャガイモの本来の生産力を殺して
いる。

昨日書いたように、頂芽優性の性質によって、芽の成長に7-10日の差が出来る。
一つの芋の中で差が出来るだけではなく、芽の成長を見ていると分かるように、芋毎に差が
あるし、中には全く芽の動かない不良芋もある。こういう芋を、そのまま植えれば土の中で
どういう状態になっているか見えないから分からないだろうが、茎の成長、ストロンの形成、
芋の着生など全てにわたって、同じように植えても畑全体では、著しいばらつきが出てくる。

考えれば直ぐに分かるように、一株あたりの全体の生育量が等しいとすれば、適正な芋数
で、各芋の生育差のばらつきが少ないほど望ましい状態だ。
この点から考えると、「芽欠き」という行為は、くず芋にしかならないような生育差が不可避的
に生まれる状態をそのままにして土に埋め込んでおいて、後から「くず芋」がでないようにと
間引きをするような本末転倒の作業のように思われるが、どうだろうか??
[PR]

by agsanissi | 2006-03-13 18:33 | ジャガイモ


<< 障害芋      頂芽優性 >>