2006年 03月 19日

芽の伸びきった芋

c0048643_18573077.jpgc0048643_185815.jpg








昔、まだ現在ような倉庫を持っていないとき、自家芋は土に埋めて保管していた。
通気用の煙突もつけてあったが、大雪のために掘り出せず、彼岸になってしまった
ことがある。左の写真は98年3月21日に掘り出したときの状態だ。
ご覧のように、土の中の湿気と気温の上昇で、もやしのような芽が十数センチも
伸びて互いに絡みつき目も当てられない状態になっていた。
この芋を、そのまま広げて約一ヶ月間浴光育芽をやった後の写真が右側だ。
複数の丈夫な芽が育ってきているのが分かる。周りに転がっている紐のような
ものは、育芽中に萎びて落ちてしまった芽だ。ちなみにこっちは同年4月17日の
写真だ。
こんな状態の芋は、決して望ましいものではないが、浴光育芽で充分に活力を
回復できる。一方、こんな状態になる前にくり返して「芽かき」をしてから播種する
人がいるが、2-3度芽かきをくり返すと、著しく芋は老化して活力を失ってしまう
のでご注意。
[PR]

by agsanissi | 2006-03-19 19:21 | ジャガイモ


<< 自家芋を利用する場合      光による種芋の若返り効果 >>