農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 22日

芽の色

c0048643_2375443.jpgc0048643_2381822.jpg







この芋は、腐敗していることは一目で分かる。
芽の部分を拡大してみると、黒く変色して、芽もすでに死んでいる。
浴光育芽した芽の色は、男爵芋は通常は赤黒い色をしているが、
この芽のように黒く変色したものは、芋の外観に異常がない場合でも
内部は何か障害があると考えたほうが良い(但し、芽の色は品種に
よって多少相違があり、メークインなどは浴光育芽をすると黒っぽい
芽が育つ)。
逆に外観に異常があって、例えば半分は腐敗していても芽だけは
生きている場合もある。「芋は腐っても育つ」などといって使う人も
いるが、いろいろな土壌病害のもとになりうるからやめたほうが良い。
ちなみに凍結害を受けた場合も芽は黒く変色する。
[PR]

by agsanissi | 2006-03-22 23:29 | ジャガイモ


<< 緑化芋      ウサギが飛ぶ >>