2006年 04月 01日

バレイショ増収1000問答

ジャガイモは、誰でも簡単に作れる。
ちょっとした空き地に種芋を埋め込んでおけば、芽が出てやがて小芋が出来るし、
幼稚園や小中学校の農園では、サツマイモと並んでジャガイモは人気の作物だ。
それだけに、ジャガイモにとりわけての「栽培法」があるとは考えたこともない人が
意外と多い。
芋つくり数十年といっても、ソウカ病の「消毒」と称して畑が真っ白になるほど石灰
を撒くような頓珍漢をやっている有様だ。
種芋を栽培するプロの百姓にさえ、疫病やアブラムシの防除、病害芋のことには
詳しいが、栽培法は素人同然の知識しか持っていない場合があるには驚きだ。

ジャガイモ料理の本は沢山あるけれど、栽培法に関する本は意外に少ない。
いまでも簡単に入手できるものは2、3冊だろうか。
WEB上で、基本的な栽培法を紹介しているもので最も信頼できるのは
浅間さんの「ジャガイモ博物館」と日本いも類研究会の「じゃがいもMiNi白書
くらいだろうか。栽培法を学んだことのない人は、まずはここから入門することを
お勧めする。次は、「まるごと楽しむジャガイモ百科」(吉田稔、農文協)。ここまで
は以前にも紹介したことがある。

ところで、基礎的な栽培法をもとに、いざ自分で実際に取り組んでみると、様々な
疑問が湧いてくる。そうした実践的・具体的な、考えられるありとあらゆる疑問に
具体的に回答しているのが、昨日紹介した「バレイショ増収1000問答」だ。

この本は、80年代に北海道各地で8年間にわたって313回開催された研修会で
出された1411の質問を、11項目145細目にまとめて書かれたもので、それだけ
にきわめて実践的だ。ジャガイモの科学的栽培法に関心のある方には、是非、
お勧めの一書だ。
尤も、農文協直営の「農業書センター」で発行している「一般に流通していない農業
書リスト
」に掲載されているから、書店などでは入手できないかな。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-01 22:38 | ジャガイモ


<< 名残り雪      種芋の切断法 >>