2006年 04月 24日

播種時期と収量

午前中は雨、午後は晴の予報だが濃霧に包まれ、日差しはゼロ。

ジャガイモの播種適期を調べてみた。
「ジャガイモのつくり方」(浅間・知識共著、農文協)に、植え付け時期と収量の関係についての
東北農試の比較表が掲載されている(男爵芋、昭和37年)。それによれば、

植付け時期、萌芽期、枯凋期、株当り芋数、株当り収量は、それぞれ次の通り。
4/8、5/15、8/12、5.5個、698g
4/25、5/18、8/19、6個、965g
5/21、5/29、8/26、4.6個、735g
6/15、6/24、9/13、3.5個、325g

萌芽期までの期間は、植え付け時期が遅いほど短縮されるが、
植え付け時期が遅れるほど、萌芽期から枯凋期までの期間短縮の割合に
比較して、芋数と収量の減少割合はより大きい。
ちなみに盛岡市(東北農試の所在地)の過去30年間の日平均気温の平年値は
4/8は6.8度、4/25は10.5度、5/21は14.5度、6/15は18.2度。

ジャガイモの芽が動き出すのは6-9度程度だから、日平均気温がこの程度になる
時期を目安に播種するのが無難だろうか。
普代の日平均気温は、いまだに5-6度程度だから、この点から見れば焦るには
及ばないとも云えるか。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-24 22:23 | ジャガイモ


<< ジャガイモ播種      芽の状態 >>