2006年 04月 30日

小麦の生育比較

c0048643_21301932.jpgc0048643_21305861.jpgc0048643_21315296.jpg







小麦はこれから一ヶ月、爆発的成長期を迎える。
いまはまだ四節で草丈が25センチ程度だが、約一ヵ月後には70-80センチに達し、
開花期を迎える。
2年前、去年、今年と各4/30の写真を比較してみた(画像をクリックすると拡大する)。
写真だけから判断すると、繁茂の具合は今年が最も良いが、葉の勢いは去年のほうが
いかにも強勢に見える。去年は、12月末から3月末まで丸々三ヶ月間雪の下にあり、
初めての経験でどうなることかと心配したが、雪の保温効果で却って保護されたのか、
4月には目を見張るほど回復した。ところが、この後、5月に入って約2週間、日平均
気温が10度以下という低温が続き、生育が停滞してしまった。
今年は、4月が低温期を経験したが、生育パターンからすれば4月の低温はさほどの
影響はないようだ。

*********
[PR]

by agsanissi | 2006-04-30 22:08 | 小麦


<< 「遅い春」      種芋の大きさと収量 >>