2006年 05月 14日

ダイズの出芽率

湿害のことを書いたけれど、逆に土壌が乾きすぎていても、また播種深さが
深すぎても出芽率は悪くなる。

ダイズは、含水率が50%を超えないと発芽しないから、畑が乾き気味の時
には含水率を高める予措をしておくことが有効だ。水洗いする程度の水に
浸して、余分な水を捨てて自然乾燥させれば、15%前後になるし、これを
2度ほど繰り返せば20%前後になる。
機械播種の場合は、水分が高すぎるとダイズの損傷率が高くなるが、15%
程度であれば、ほとんど問題はないと思う。
いずれにせよ、過乾燥に対しても、あるいは急激な降雨による湿害に対して
も、どっちの場合にも備える意味で15-20%程度まで含水率を高めておく
ことが、出芽率を高めるには有効だ。

一方、播種の深さは7.5センチ以上になると出芽不能の割合が急激に増加
することが分かっており、また深さ3センチ、9センチの出芽率は各々88、33
%というデータもある。(「作物の生態生理」から、養賢堂)
[PR]

by agsanissi | 2006-05-14 21:34 | ダイズ


<< 出芽テスト      ダイズの出芽期の湿害 >>