2006年 05月 18日

ジャガイモ畑にカルチ

9.3/22.3度、晴天だが霞をかけた如し、日照9.2時間。

5月に入って、なかなか良い陽気が続いている。
濃霧注意報は繰り返し出されているが、注意報だけに終わっている。
日照時間もかなりあるし、平均気温も、去年の悪夢のような5月に比べれば高い
というか、平年並みに概ね10度を上回っている。

5月の小麦の生育は、思ったほどには進まず、4月のスタートダッシュの遅れが
そのまま5月に持ち越されてしまったが、今週に入ってグッと伸びた印象も受ける。

何よりも新緑に彩りを添える満開の八重桜、菜の花、山吹、山ツツジなどの
華やかさと、カッコーやウグイスの鳴き交わす声が、気分を浮き立たせてくれる。

こんな良い陽気は、ひょっとすると例外かも知れない。
今日届いた「お天気Magazine九州」には、こんなことが書いてある。
「九州は、この2週間近く、顕著な梅雨のはしりが続いています。
 各地で日照時間がかなり短くなっており、雨量はすでに5月一か月分の平
年の雨量を大きく超えているところも多くなっています。
 この原因は、太平洋高気圧が例年に比べて勢力が強くなっていることです。
太平洋高気圧が、この時期には南西諸島付近にあるはずの梅雨前線を北に押
し上げているために、九州が梅雨本番を思わせるぐずついた天気となってい
るのです」
また、「農に生きる」に寄せられた埼玉のTobiraさんの「菜園便り」5月3週号には
「連休明けに、こんなに寒かった記憶がありません。いつもなら、とっくに長靴を
脱いで、地下足袋の心地よさを土の上で感じているはずですが。4月の平均気温は、
10年来の低さだったようです。このままですと、5月は史上最低かもしれません」
と書いてある。九州と埼玉のぐずついた天候の要因は違う気がするが、どうだろうか?

ちなみに僕は、今週に入ってずっと半袖シャツと地下足袋で過ごしている。
尤も、この陽気、いつまで続くことやら??
この地域の天候の変わりやすさは、一寸先は闇、政界の如し。

今日も、このスタイルでジャガイモ畑にカルチをかけた。
東8は一回目(3.5-4キロ)、西11は二回目(6.5キロ)。4/15播種分は、
どうやら今週中には出芽揃いとなりそうだ。
[PR]

by agsanissi | 2006-05-18 20:54 | ジャガイモ


<< 地下足袋      今日も自家菜園 >>