農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 21日

塊茎の形成

8.1/20.4度、日照11.7時間、ほぼ快晴、終日陽射しあり。

第一回目の播種のジャガイモはほぼ出芽し、二回目以降のものもボチボチ出芽期に入る。
出芽から、約三週間でストロンの先端に塊茎の形成が始まる。
「塊茎の形成は、高温下に比べ低温下のほうが早く開始される。高温下では日長が短く
ならないと塊茎の形成が行われにくく、夜温が20度以上でも形成されにくい」(「ジャガイモ
の作り方」から)。
またジャガイモの旨みを左右するデンプン価については、「土地柄に関係なくデンプン蓄積
に好適な17-22度の地温の維持と、適正な施肥でデンプン蓄積を阻害しないこと」(「ジャ
ガイモ百科」から)が重要である。

土地柄で、地温を下げることは出来ないにしても、上がらないような工夫は必要である。
○出来る限り、早期に播種して出芽期を早めること
○出芽促進のためにマルチなどを張っている場合は、出芽した後は取り除くこと
○充分な培土によって、地温が出来るだけ上昇しないようにすること
○肥料の後効きするような、多肥や追肥は避けること

***************************
グレンドリルで、ヒマワリの播種が上手く出来るかどうか、播種テスト。
小麦は、60-65センチ程度と、やや低い状態のまま、早いものは出穂直前の状態。
あと3-4日で出穂期に入るか。

夜中、ホトトギスの声を聞く。多分、初鳴きではないか。
[PR]

by agsanissi | 2006-05-21 23:20 | ジャガイモ


<< 一雨欲しいところ      地下足袋 >>