2006年 05月 23日

ダイズのテスト

14.6/22.7度、朝から黒雲が広がり、いつ降り出してもおかしくない天気。日照ゼロ。
夜雨の予報だが、雨雲はすでに遠ざかり、いまは星空。雨の期待は今回もむなしいか?

c0048643_21441589.jpg15日に水分11、17、40%以上の三通りのダイズを
播種した。写真は、今日の11時19分の11%ダイズ
のもの。
11%のものが最初に出芽した理由は分からない。
夕刻、17%のものが出芽直前の状態になっていた。

写真を撮りに畑に近づいたとき、鳩が一羽飛び去った。
一株またはそれ以上やられたかもしれないが、ハッキリ
しない。

それにしても、畑の一画に設けたこの小さな場所に、わずか20-30粒播いただけのダイズを
よく見つけたものだと感心してしまった。2ha近い畑のほんの一画2平方メートルほどの所。
「万が一」というけれど、まさに万分の一の面積。
出芽して数時間のこの時間に、偶然に見つけたとは思えない。何か特殊な波長でひきつけ
られたような、そんな的確さだ。
[PR]

by agsanissi | 2006-05-23 22:10 | ダイズ


<< ダイズ播種機の調整      一雨欲しいところ >>