2006年 05月 29日

雨の中の収穫

昨日は明け方の4時から霧雨になり、終日降り続いた。19時過ぎには雨雲の中心は
太平洋に抜けてピークは過ぎたと思ったが、その後も時折強い雨が降り、結局、今朝
6時まで26時間にわたって断続的に降り続いた。総雨量27ミリ。
高山では、下から巻き上げるように雨が「降る」ことがあるが、昨日、港では雨が横に
走っていた。c0048643_19264010.jpg
小麦は、3日前に出穂揃い期を迎えたが、この
風雨でかき回された。右側のやや黒く見える
部分、辛うじて倒伏を免れた。雨がもっと強い
か、実が入り始め頭が重くなっていれば倒伏
したかも知れぬ。





c0048643_1934571.jpgこの雨の中、他にやることもないので、カルチ
の爪の支柱のひん曲がりを直すために、知り
合いの車屋にプレスを使わせて貰いに行った。
厚さ13ミリほどの鋼板を、難なく修正できた。
「これは良いもんだ」と褒めちぎったところ、
「もう一台あるからやろうか」というので、貰って
きた。
最初は、レバーがスッカリ錆び付いて動かない。
グリスを注したり、磨いたり、何とかレバーは動き始めたがエアーが抜けて油圧が効かない。
「えらい鉄くずを貰ってきてしまったか」と後悔の気持ちが動き始めたが、一時は自分で作ろう
かと考えたくらいだからなと自ら励ました。「油圧の原理は要するに水鉄砲と一緒だから」と、
あれこれやっているうちに何とか使えそうな見通しができた。
買えば20万はする代物だから、これは中々の収穫だ。
[PR]

by agsanissi | 2006-05-29 20:03 | 機械類


<< 「発芽率をあげる工夫」      「適正」をめぐるお喋り >>