農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 31日

小麦の生育比較

11.2/20.7度、日照9時間、概ね晴れて爽やか。

早朝、小麦に窒素2%と木酢液の500倍の混合液を散布する。
木酢液は、初めて使ってみたが、これはミネラル分と酢酸などの有機酸の補給が赤カビに
対する抗菌能を高められるだろうかという実験的な試みだ。
散布しながら、一、二と数えられるほど例外的に開花しているものを見つけた。来週の前半、
5-7日頃が開花期だろうか。とすれば平年より一週間遅れ。

c0048643_1941491.jpg4/18に小麦の二箇所の定点観測の比較写真を
載せたことがある。生育の遅れた部分には、他の
部分に比べ二倍の追肥をした。結局、生育差は
縮小せず、色も薄く、草丈も10センチほど低く、
くっきり段差が出来ている。
写真の右側の3本は昨日のもの、左側の2本は
生育の遅れた周辺のもの。
穂長の差は2段程度だが、分ケツも悪く、粒数×
茎数の差は3、4割に及ぶだろうか。穂長の差がこの程度に留まったのは追肥効果か。
とすれば分ケツには効果はなかったが、穂の粒数に効果があったことにはなる。

*********************

c0048643_19201459.jpg二週間前に唐瓜、夕顔、小玉スイカなどの種子を
播いた。唐瓜・夕顔は、まだその兆しが見えないが
小玉スイカが土を持ち上げ顔を見せた。
作物を育てていて、何が感動的かといって、土を
微かに持ち上げ地上に顔を見せた瞬間ほど感動
的なものはない。
ジャガイモ、ソバ、ダイズ、麦、ヒマワリ、皆然り。
毎年播種して、いくら出芽すると分かっていても、
その瞬間の感動は先立つ不安への報奨だ。
[PR]

by agsanissi | 2006-05-31 19:36 | 小麦


<< 老婆心      穂の状態 >>