2006年 06月 02日

五月の天候

8.8/13.6度、最高気温は11時に記録、その後は霧が入り急に低下する。日照ゼロ。
9時半頃気圧の谷の通過に伴い昼頃まで俄か雨。午後は濃霧に包まれ、雨とは云わぬも
立っているとぐっしょりと濡れる。ダイズ播種は、またまた延期。

昨日、気象庁から「5月の天候」が公表された。
平均気温、降水量、日照時間の平年差との分布図をみると、普代村(*)は奇しくも、全て、
境界線上の良い方の側に入っている。いかなる神の気まぐれか、はたまた日頃の不公平を
緩和する配剤か、いずれまたとはない偶然。

一言で云うと、「晴れて・温かく・雨の少ない五月」ということになる。
雨量59ミリ(平年の56%)、日照時間184(+6.9%)、月間平均気温は12.6度で平年並み
だが、去年の5月5日から約二週間続いた「寒い寒い五月」(月間平均気温は10.8度)を思
い起こすと、今年はまるで天国のようだ。
特に10日以降の好天で、麦はそれまでの生育の遅れを一挙に取り戻し、平年並み以上に
回復した。但し24日以降、この好天もやや変わり目に来たかという印象も受ける。

(*)普代村は、北緯40度線上、男鹿半島のちょうど反対側の太平洋岸に
こびりついている。
[PR]

by agsanissi | 2006-06-02 21:19 | 気象/季節メモ


<< 黒ダイズ播種のまとめ      ジャガイモにカルチ >>