2006年 06月 04日

普通ダイズ播種

昨日、内陸部には霜注意報が出されていた。今朝、霜注意報は出てはいなかったが
沿岸北部を中心に6月としてはかなり冷え込んだ。4.6/19度、山は2-3度に下がったか。
日照時間は8.5に達したが、終日上空には薄雲が広がり、薄明の如し。

普通ダイズのスズカリを播種。播種地、面積は次の通り。
西1、1.34ha
西4、0.33(購入種子)
西5、0.6
合計、2.27ha、全て60キロ/haで、2万粒/反。播種総量は136キロ。
ダイズ播種は、昨日分とあわせて、これで全て完了。

c0048643_20263568.jpg西1と3は、5/12に「畑の履歴」で紹介したことのある
「他人の使っていた畑」を今年初めて借りたものだ。
播種を始めてビックリした。播種機には、写真のような
マーカーがついているが、目一杯に下げてもマークが
つかない。畑が固くてタイヤが沈まないためマーカー
の腕が届かないのだ。
もう4、5年このマーカーを使っているが、いままでに
そんなことは一度もなかった。急遽、マーカーの腕を
溶接して50ミリ継ぎ足して間に合わせた。結局、トラクターの沈みかたが20-30ミリ程度
違っており、それだけ畑の膨軟性が違うということだろう。
西1、3の播種を終えて、次に西5(以前から僕の使っている畑)を播種して、改めてこの違い
を確認した。通常は10ミリ程度の深さのマークがつくようになっているが、この畑では30ミリ
程度の深い溝がくっきりとついた。
[PR]

by agsanissi | 2006-06-04 20:57 | ダイズ


<< 播種機をめぐるお喋り      黒ダイズ播種のまとめ >>