農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 09日

雨の中

11.6/17.2度、最高気温は朝の7時、その後は霧が入り気温は下がる一方。
昼頃から雨という予報だったが、雨域の広がり方は予想以上に速く、7時過ぎには雨がちに
なり、10時過ぎには本格的に降り始める。今日は東北南部まで「梅雨入り」となったが、この
雨が明日まで続けば北部も明日には梅雨入りと発表されるだろう。

この雨の中、岩手生協の広報機関誌の記者が取材に見えた。
産直農家を紹介する記事にするとか、「普段は、こういう雨のときはどんな作業をやってるん
ですか」と質問された。「雨になれば、陸に上がった河童みたいなもんで、どんな作業も何も
やりたいことをやってますよ」と味も素っ気もない応え。
偶々、いまはジャガイモのカルチを昨日、全部終えて、畑に入れるようになればダイズのカルチ
を直ぐにも始めたい時期だけれど、他にはこれといってやるべき仕事はない。

朝から、ふと読みたくなってエミール・ゾラの「大地」を読みはじめた。
一時、岩波文庫創刊60年記念事業で「復刊発売」されて20年近く前に買った本だ。
「居酒屋」とか「ナナ」で有名な作家だけれど、フランスの農村生活の一断面を描いたこの本が
バルザックの「農民」とともに、昔から好きだったが、いざ自分が百姓になってみると、スッカリ
違った面に惹かれた。
[PR]

by agsanissi | 2006-06-09 23:57 | 作業メモ


<< 霧の中      納豆はウメエー >>