農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 15日

ジャガイモの培土

11/22度、日照4.3時間、午前中のみ陽射しあり。午後は雲広がり青空は消える。
20時前から雨になる。この雨を境に、4-5日間は雨模様が続く見込み。
この雨に備え、ジャガイモの培土と小麦のカビ防除を是非とも終わらせておく必要がある。

早朝からかなりの風が吹いているが、ブームスプレーの位置を低くし穂を撫ぜるように散布
すれば、飛散の心配はまずなし。チルト乳剤2000倍+尿素2%+木酢液500倍を散布。

c0048643_21175461.jpg次いで西11と東23に培土。
草丈の生育状況からみると培土適期から4-5日遅れて
いる。しかし土は、まだ湿気が多すぎて不安はあるが、
これ以上は待てない。
培土直前の西11の様子。雨で芋が流出し、生育遅れ
の不揃いが何箇所か目立つ。
畝は、かなり埋まっており、トラクターのタイヤで茎葉を
傷めるのは必定で、葉っぱを踏みつけるたびに心臓を
締め付けられるようで、できれば逃げ出したい気分だ。
慎重にという思いと、一刻も早く終わらせたい気分との相克で針の筵に座っているようだ。

c0048643_21415913.jpgこれは東23、播種期が3日遅れている分、やや畝間が
広いような気もするが、土の湿気はやや多い。所々、土
の塊りがドカンと茎葉の上に乗りスッカリ見えなくなって
しまうところがある。まもなく回復するとは分かっていて
も、心理的にはかなり負担がある。
いざ始めてみれば「按ずるより産むが易し」と、毎年、
思うものの、また培土を始めるときは、この言葉を何度
も繰り返しているが、この心理的負担からいまだに解放
されない。

概ね、3.5-4キロで走行し、西11と東23だけで5時間近くかかる。東8は来週半ば頃か。
[PR]

by agsanissi | 2006-06-15 21:58 | ジャガイモ


<< 「梅雨の晴れ間」      「霧が晴れる」 >>