農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 02日

寄生虫

便利なシステムができれば、必ずそれに蔓延る寄生虫が出てくる。これは避けられない。
絶滅しようという考えもあるが、どんな薬剤にも耐性菌が出てくるように実害のない程度に
抑え込んでおけば、それで良い。

迷惑メールやトラックバック、コメント、ウィルスの類もネットシステムに蔓延る「寄生虫」、
またはその温床だと思っている。
最近、ある事情があって、いままで使っていたMozilla Thunderbiradというメールソフト
をOutlook Express に交換した。
メールアドレスは一般公開用、組織用、純個人用、海外用と四つ持っていて、迷惑メール
やウィルスメールが入れば、一応、出所を予測できようにしてある。いままでは迷惑メール
は一般公開用のアドレスにのみ集中し、Thunderbirdのフィルタ機能は充実していてほぼ
自動的に削除されるから、フィルタをすり抜けるメールは日に2、3通しかなかった。

Outlookに交換してから、使い始めて新しいこともあるが、迷惑メールが数十通も来る。
フィルタには特定の差出人、件名や本文中の特定の用語を対象にしたものが多い。
差出人を対象にしたフィルタは、余り有効ではないし、不具合が起きる場合もある。本文中
の「特定用語」、ついで件名が比較的有効。
例えば、淫乱人妻、セックス、せっくす、無料交際、夜が淋しい、内密のお付き合い、セレ
フ...などなど、その手のメールの用語を片端から登録しておく。僕のようにテレビも新聞も
見ない者には、世の中のゆがんだ裏窓が多少は見える気がして面白い面もある。が、その
手続き変更がまだ進んでいないこととフィルタ機能の違いが、迷惑メールが激増した理由だ。

それにしても送信自体は、自動メール送信ソフトでも使って送ってくるのだろうが、文案の
ほうは、いくつか叩き台があるのか、考案集のようなものがあるのか。フィルタをすり抜け
てくるメールを見ると、よくもまあいろいろ文案を考えてくるものだと関心してしまう。こういう
文案を、一日中考えて、これを職業にしている人もいるのかしらと考えると、何かしら可笑し
くも悲しい。

メールは別として、トラックバックにも、同様のものがいくつか入ってくる。こちらは自動
貼り付けソフトはないんだろうな。人力で貼り付けているとすれば、ご苦労なことだなと
これまたある意味で感心する。これも特定用語で拒否する機能はあるが、それをすり抜ける
ものもある。僕は、一般的には素性の分からぬものはすべて削除している。多少は関係は
あるか、関係は薄いが実害のないものは残してある。トラックバック機能自体は良いものだ
から、寄生虫を排除するために機能停止する気はない。

それにしても、この手の寄生虫が蔓延るということは、それだけの社会的な需要というか
必要というのか、そんなものがあるのか、へんちくりんな世の中だ。
[PR]

by agsanissi | 2006-07-02 09:21 | ミミズの寝言


<< 麦秋      六月の天候 >>