2006年 07月 05日

様変わり

7月に入った途端、天候はスッカリ様変わりしてしまった。
6月の月間雨量は63ミリだったが、7月の最初の二日間に53ミリ降り、その後も
夜か明け方に毎日降っている。日中も、アメダス統計には出ないが、外に立って
いれば、シットリと濡れ、いつしかグッショリと濡れてくる。濃い霧の中、地元の車
は昼間からライトをつけて走っている。気温は15度前後、7月に入って日照時間
はゼロ。今日は、夜になって本格的な雨で、明日の午前中にかけて雨模様。
とはいえ、梅雨前線の直接の影響と見られるのは2日の雨だけで、他は前線は
太平洋南岸に下がったままで、前線による雨の中心は九州に集中している。
なのにここだけは、岩手の他が降ってなくとも降っている。

去年の7月は前半の二週間の内、10日間は雨、月間でも280ミリ以上と平年値
の1.8倍も降ったが、その嫌な思い出が頭を過ぎる。
[PR]

by agsanissi | 2006-07-05 21:18 | 気象/季節メモ


<< ソバの播種適期      鬱蒼としてきた >>