2006年 08月 07日

無駄話

昨日の気象データ、19.9/30.8度、日照11.3時間で、この時期の最長時間かな。
明日は早くも立秋で、これは北東北のこのあたりでは文字通りにあてはまる。
日中は30度を超えたと云っても、17時過ぎには早くも22度程度まで下がっている。
週間予報も9日までは概ね晴、その後は次第に雲が厚くなり週末にかけ下り坂。
これはほぼ的中すると見ている。

昨日、60町歩余ある圃場を歩いたが、人っ子一人誰にも会わない。野良猫と小鳥と
ソバ畑の周辺に群れる鳩とカラスとウグイスの声と突然草陰から飛び立つ山鳥ばかり。
世間は農繁期真っ最中という時期だろうに、この静けさは何だと、ふと不思議な感興に
捉われた。尤も、40-50棟あるホウレンソウハウス内は汗だくの奮闘中かな?

ジャガイモ収穫の始まる直前のこの時期、こまごま仕事はチョコチョコあるが、ほとんど
は収穫準備の点検作業で(収穫機、収納袋、運搬手配など)、ユッタリ構えて手落ちの
ないように手配をしておけば良い。まあ、無駄話を書いているくらいの余裕が丁度良い。

去年の今頃は何をやっていたかなと「巻き戻して」みたところ、
腰を痛めたとか、猛烈な雷雨だとか、様変わりだとか、陸に上がった河童だとか、
ベアリング交換だとかの記事が並んでいる。
要するに「いざ、始めよう」という瞬間に自分の体調と天候と機械の不調と三拍子
揃って出鼻を挫かれたという話ばかりだ。天候はともかく、自分も機械も年を食った
ということだ。

今年は年齢相当の働きが支障なく出来るかな??
[PR]

by agsanissi | 2006-08-07 06:06 | 作業メモ


<< ナタネもの語り      ジャガイモの収穫準備 >>