2006年 08月 13日

ソバの生育比較

20.6/23.5度、日照ゼロ、昼前から霧が入り、時折、霧雨が舞う。
大雨洪水雷注意報が出され、13日夜にかけて大気の不安定な状態が
続くとの気象情報。夜、一時的に強い雨、8.5ミリ。
朝、農協の集出荷場に寄ってジャガイモの選別状況を見ながら、次の
掘り取りがいつ出来るか(ジャガイモの展開場所がいつ空くか)見て廻る。
ちょうど盆休みに入るため、早くとも17、8日頃以降、週間天気予報では
その時期から再び天気は下り坂。

c0048643_0443677.jpgc0048643_0451793.jpg







最初に播いた(26日)ソバが、出芽からまる二週たった。
一部、土目が悪く出芽状況に不安のあった西7は、ほぼ
順調に生育している。

c0048643_0504094.jpgc0048643_051999.jpg








一方、播種時の水捌けが悪く、播種後は盤状になってしまった
東14の一部は、結局、出芽できないままに禿げた状態になって
しまった。播種前にかなりの雨が降り、まだその湿気が残った
軟弱な状態の場所に無理をして播いた場合。
ここはダイズや小麦では、明瞭な生育差を感じたことはないが、
ジャガイモでは雑草が多いし、生育も悪い。ナタネはまだ一回
しか播いたことがないが、出芽ムラが酷かった

c0048643_151197.jpg同じくこの畑は東14の右半分。
ナタネの刈り取り直後の28日に播いたが、概ね順調な
生育。播き終わる頃から弱い霧雨が降りだし、31日に
かけて50ミリ程度の雨が降った。
総雨量はかなりの量だが、出芽や生育状況に目立った
影響は現れていないようだ。7、8列おきに生育にやや
濃淡が見えているが、この原因がなんなのか思い当たる
ものがない。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-13 01:21 | ソバ/ナタネ


<< 小麦の調整・選別      芋掘り/小休止 >>