農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 18日

搾油テスト/3

23.3/28.7度、日照1.6時間、この日の最高気温は朝の8時台に記録し、
その後は霧が入り、一時は23度台まで下がる。時折霧雨が舞う。

8/1に紹介した「ナタネっておもしろい」の記事に、
江戸時代に「大阪がかなり高い技術をもっていて、粕を安く買い取って、さらに
3度目絞って商売にしていた
そうです」という話が載っている。
ナタネの第一回目の搾油テストでは、510グラムのナタネから53グラムの油
を絞った。その絞り粕をフライパンで炒って、溶接修理した装置に再び入れて、
14トン程度の圧をかけたり、抜いたりして絞ったところ、30分ほどで新たに35
グラムの油が絞れた。
今日は、この絞り粕(350グラムあった。油が90グラム余、その他70グラムは
炒って失われた水分と出し入れするときに散逸した量だが、その割合は不明)
を圧力釜にかけて、5分ほど沸騰させてから、同じく14トンほどの圧をかけて
更に5グラムほどの油を絞った。

これで最初510グラムあったナタネから少なくとも93グラムの油が絞れた。
かなり簡単な装置でも、二割程度の油が絞れることが分った。
プレス機を使って、同じ方法でさらに搾り出すためには、現在の円形筒が直径
11センチだが、それを例えば半分の径(面積当り圧は4倍になる)にするとか、
抽出口の形を工夫するとか、または前処理の方法を変えるとか、何らかの工夫
が必要か。
多分、熱による変性を避けるには、高い圧を一気にかけずに、ゆっくり時間を
かけて絞り出す、というより滲み出てくるのを待ち受けるという姿勢が良いようだ。
尤も、絞り方によって、油の性質や味・風味にどんな差が出てくるか、それを比較
出来るほどには程遠い。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-18 21:18 | ソバ/ナタネ


<< ソバ開花初め      朝焼け >>