2006年 09月 08日

ミツバチ

三日前の夕刻から雨勝ちで、今日は8-9時頃には雨雲は太平洋に抜けて、
その後は雨レーダーにもアメダスにも雨の記録は残っていないが、山では
終日霧雨が舞っていた。19.7/21.2度。

岩泉の養蜂業者が様子見に見えたが、岩泉を出たときはカンカン照りだった
のにと呆れていた。今日明日にもミツを採取する予定だったが、集まりが悪く
来週以降に延期するとのこと。

c0048643_21405438.jpgこのところソバ畑に行っても、ブーンという低周波の
うなりのようなミツバチの羽音が聞こえない日が多く
なった。
花が盛期を過ぎて、枯れ始め、畑全体がややくすみ
を帯びた色に変わりつつあるせいかと思っていたが、
必ずしもそればかりではないようだ。
活発に活動するには「25度くらいはないと....」と
云うが、9月に入って朝の10時前にそんな日は一、
二回しかない。

7月26日播種のソバの草丈は、80-90センチほどで、これから一ヶ月くらいはさらに20-30
センチは伸び続けるだろうが、結実率は急激に落ちてくる。岩泉のSさんが7月20日に播種し
たソバは、現在140センチほどあるそうだが、この時期の一週間の差は反収にして30-40
キロ以上に及ぶのではないだろうか?
[PR]

by agsanissi | 2006-09-08 22:02 | ソバ/ナタネ


<< 自家菜園メモ      野菜の生産出荷統計/その2 >>