2006年 09月 10日

自家菜園メモ/その2

17.4/32度、日照8.3時間、暑い。何かの間違いではないかと思うほど蒸し暑い。
前線に向って熱風が吹きつけたように東北北部沿岸に高温域が集中している。
15時過ぎに、俄かに雲が広がり、間歇的に叩きつけるような雷雨。
加えて霧も入り、気温は急激に下がる。

自家菜園には、小玉スイカ、夕顔、冬瓜、マクワ瓜、地キュウリ、カボチャと、気付けば
ほとんど瓜類ばかりが我が物顔に地を占有している。申し訳ばかりにオクラとオカヒジキ、
トマトなどが間借り人のように隅に控えている。オクラもトマトも然るもので、絡みつく夕顔
に負けじと茎葉を伸ばしている。それでも時折、夕顔に鋏を入れてやらなければ負けそう
な勢いだ。

マクワ瓜は、4月末から繰り返し植えて出芽はするものの、6月にハウス内に出芽した2株
だけが、辛うじて生き延びたが、いまだ10センチほどの実になっているに過ぎない。
5-6年前にスイカを地植えしたことがあるが、生育適温期間が短かすぎるのか、全くものに
ならなかった。小玉ならなんとかなるかと、今年、初めて買ってきた苗と種から育苗した
ものを5株、ハウス内に植えてみた。購入苗から7月中頃に一個、8月初めに一個着果し
た。7月のものは早まって未熟果のうちに食べてしまった。

c0048643_23441493.jpg8月初めに着果したものが、最近やっとこの程度に
育ってきたけれど、季節はもう冷やしたスイカよりも
温かな夕顔や冬瓜のスープのほうが相応しい時期
に移り変わってきてしまった。
育苗した苗からは、やはり8月初めに少なくとも五果
着果したが、更に2-3週は前進しなければ歓迎される
時期を失している。
[PR]

by agsanissi | 2006-09-10 23:57 | ソバ/ナタネ


<< 自家菜園メモ/その3      自家菜園メモ >>