2006年 09月 20日

プラウ耕を止めてみる/その2

17/27.3度、日照9.5時間、台風13号の余波で岩手県全域に強風注意報が
出されていたが、そよ風程度に留まる。日中の気温は昨日よりも上昇するが、
夜はかなり急速に下がる。

メールマガジン「インターネットで読み解く」の最新号のブログ時評64「メタボリック症候群を
冷静に眺めよう」(参照)の一節に、「マスメディアには旬のキーワードに飛びつく習性がある
ので...」と書いている。
メタボリック症候群とは何の関係もないけれど、「旬のキーワードに飛びつく」マスメディアの
習性は雑誌「現代農業」の記事にも無きにしも非ず。旬のキーワードと覚しき記事には一歩
距離を置いて考える余裕も必要か。

プラウ耕をやめたほうが良いという記事に関連して、農文協の人間選書の一冊「有機農法」
(ロデイル著、初版1945年)の第五部「よい農法とわるい農法」の中の第二章は「プラウで
耕起することの可否」という問題を扱っている。
雑草対策として、プラウ耕がいかに重要かという点を書いているが、やや長くなるので一両
日中に「耕す生活」に摘記を載せておく。
[PR]

by agsanissi | 2006-09-20 23:02 | 機械類


<< プラウとディスク      品目横断的経営安定対策/その2 >>