2006年 12月 03日

黒ダイズ選別

0/3.8度、気温は上がらないが、午前中は日照が4時間ほどありやや温か。
アメダスでは普代の最低気温は0度だが、山は氷点下5度まで下がり、今年
一番の冷え込みで、氷が厚くはり、初めて9時を過ぎても融けなかった。
午前中は、晴れて陽射しもあったが、雪がチラチラ舞っていた。

黒ダイズの機械選別を一通り終えたが、虫食いが非常に多く、機械選別だけでは
充分に対応しきれないため(能率は250キロを半-1時間程度)、手選別をする。

c0048643_2045019.jpgc0048643_20452467.jpgc0048643_20454856.jpg







ダイズ選別機は、転がり具合と大きさの二段階に選別する粒度選別機(機械本体は
06/5/905/11/9の写真を参照)だが、写真のように比較的良く選別されている。
左側は屑ダイズ、中は選外、右側が完成品。選外品は、再選別にかければ二割から
三割程度は完成品が得られる。ダイズの品質が良い年は、完成品はそのまま出荷で
きるし、選外品の割合もわずか。
黒ダイズを、初めて栽培して驚いたが、虫食いが極めて多い。総収量の二割から三割
程度には及ぶのではないか。ほとんどは機械選別で取り除かれるが、生憎と黒ダイズ
では虫食いがものすごく目立つ。下の選別台を見れば分るように一粒あるだけで存在
感が光って見える(写真上でクリックすると拡大できます)。

c0048643_211116100.jpgこんな風にして、ダイズを流しながら、ひたすら虫食い
ダイズをひろう。一日がかりで250キロ程度のダイズ
から3キロ程度を拾う。到底全部は拾いきれないが、
1%強密度を下げるだけで、見た目は大いに改善され
る。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-03 21:19 | ダイズ


<< 白ダイズ選別      十一月の天候 >>