農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 04日

白ダイズ選別

-5.5/5.3度、日照5.5時間、山は氷点下8度まで下がり、外に置いたバケツに
厚さ15ミリほどの氷が張っていた。17時過ぎには早くも氷点下に下がり、中天
に皓皓と輝く十四夜の月が、そぞろ寒さを誘う。さすがに今朝はストーブを焚く。

今日から白ダイズ(スズカリ)の選別。小さい小さいと思っていたが、選別の結果
を見ると必ずしも、極端に小さいわけではなさそうだ。
大中小に選別すると、4:4:1程度。例年だと、6:3:1か、小粒がそれ以下で、
製品としてはかなり劣る場合が多い。
今年は、小粒がかなり多く、品質も良いので、再選別にかければ8-9割は出荷
できるのではないか。粒がやや小さめという点を除けば、大中小とも品質は全体
にかなり良好で、紫斑病も少ない。
百粒重を測ってみると、大は31グラム、中は27グラム、小は19グラム。一方、
スズカリの品種特性によれば百粒重は26.5グラムで、九分の八はこの範囲を
超えているから、ほぼ適正な大きさということになる。
問題は、わずか19グラムの小粒ダイズで、網を変えて再選別をしてどの程度
まで、篩い分け出来るか(限りなく小さいものも混在している)、百粒重を上げら
れるか?
[PR]

by agsanissi | 2006-12-04 20:40 | ダイズ


<< 道路の姿が見えてきた      黒ダイズ選別 >>