2007年 04月 02日

三月の天候

過去20年間の降水量の平年値を見ると12月と1月は、年間を通して最も降水量が少ない。
12月は37ミリ、1月は43ミリ。年間の総雨量が1300ミリ台だから、雨の比較的少ない地域
だが、特に11月から翌年の3月までは50-70ミリ程度というのが、通常のパターンだ。

ところが今年は、というか去年の9月以降今年の1月まで、狂ったような大雨が続いた。
9月から1月まで各197、268、173、332、216ミリと年間総雨量の約9割が、この五ヶ月
に降ってしまった。しかも集中的な豪雨というのが特徴で、雨天の日数が多いわけではなく、
僅か数日にまとめて襲ってくる。ちなみに12月の332ミリのうち290ミリは、12月27日一日
の午前11時から僅か4時間に集中して降った。もち論、日降水量でも、日1時間降水量でも、
当地での観測史上の最大値を記録した。

そんな年末年始を過ごしたせいか、三月は比較的平穏、過去四年間この時期には1メートル
以上もあった残雪も三月初め(4日)には消えた。とはいえ一般的に云われるほどに「温かさ」
の恵みは少ないような気がする。殊に月末になって不順な天候が続き、28日以降昨日まで
の5日間の総日照時間は3時間、28、29日は雪、その後は雨が降ったり止んだり、最高気温
も4-7度という日が続いている。いささか憂鬱な気分になってきた。

ジャガイモの浴光育芽は、先月10日から14日にかけて開始し、比較的順調に育ってきたが、
ここに来てやや停滞気味。
[PR]

by agsanissi | 2007-04-02 21:31 | 気象/季節メモ


<< 春は名のみか?      情報と戦略 >>