農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 30日

カッコーが鳴く

29日は5.2/21.9度、日照12.3時間、二日続きの快晴。
表土はすっかり乾いているが、その前の三日間に60ミリ以上の雨が降って
いるため畑作業は見合わせ。

28日朝、9時過ぎにカッコーの鳴き声を聞く。29日もほぼ同じ時間に聞く。
いったん鳴き始めると、余程の雨降りでもない限り、連日鳴き声を聞くので、
今年の鳴き初めは28日でほぼ間違いない。遠く、どこか弱々しく聞こえる
のは気のせいだろうか。
他のどのような生態的要素と関係するのか、季節の進み具合と関係するの
かどうかは分からないが、通常より12日の遅れ。

和野山で観察できる他の生物気象現象を例年と比較すると、
・ソメイヨシノ、菜の花はほぼ同時期
・タラの芽、ヤマツツジ、八重桜は一週間から10日間の遅れ
・ヒバリ、ウグイスはほぼ同時期
この時期、他にはツグミ、ムクドリ、ツバメ、フキノトウ、タンポポなどがあるが、
これはちょっとバラバラの印象があり、いつを「初め」とするかに迷いがある。


小麦、五月は小麦の疾風怒濤期と僕は呼んでいるが、今年はその勢いが
ない。小麦畑は、東8と西11の二箇所あるが、
・東8はほぼ出穂揃い、ここは一週間程度の遅れでやや肥料不足の印象
・西11は、所々、周囲に比べて、スッと伸びて70センチ程度に達し出穂して
いるものがあるが、概ね40-50センチの丈で、出穂初め。全体に萎縮してい
るという点では、明らかに萎縮病の兆候だが、やや疑問点もある。ここは何ら
かの病気を考慮しても10日ほどの遅れ
[PR]

by agsanissi | 2007-05-30 04:31 | 小麦


<< 小麦の萎縮病??      カッコーが鳴かない >>