2007年 06月 25日

ジャガイモ防除

15.2/20.9度、日照9.3時間、晴天は早朝までかと思っていたが、前線は南岸に停滞した
ままのようだ。早朝こそ濃霧に包まれ、日差しはなかったが、6時過ぎには霧も後退し青空が
回復した。海上には濃霧が居座り、海から谷合に向けて霧が這い登ってくるのが遠望できるが
和野山は15時過ぎまで晴れ上がっていた。
明日には、日本海から別の低気圧が三陸沿岸に通り抜け、天気が崩れそうだ。昼のニュース
で「明日の天気」について奇妙な予報をしていた。「曇、早朝から夕刻まで雨」
中腹から下は霧に包まれ、気温は急低下(16-17度か)。

ジャガイモの疫病防除をするかどうか、昨日から迷っていたが、開花期に入りつつあることを
考慮して、今日のうちにやっておくことにした。クリーンヒッターの千倍液にルビクス(500倍)、
ニガリ(千倍)、これに今回は尿素(2%)を加えて散布。どちらかというとルビクスとニガリ散布
で光合成促進を図るほうに重き(引き続き濃霧注意報がでている)。
4/29播種のものを除き、草丈は40-45センチ、茎数は4-5本、茎径11-13ミリ。茎上部の
糖度2-2.3。

午後は東14のダイズに中耕カルチをかける。
[PR]

by agsanissi | 2007-06-25 22:02 | ジャガイモ


<< 「太った豚」      人参播種 >>