2007年 07月 10日

小麦刈り取り開始

朝8時の17.8度が最高気温で、後はどんどん下がり午後は15-6度に。10時すぎ頃
から霧が深くなり、16時過ぎには霧雨後本格的雨になる。

三日続きの晴天は昨日でお仕舞い、昨日はスズカリ大豆の最終播種を敢行、さすがに
この時期になると「敢行」というのが如何にも相応しい。0.749a

c0048643_18404047.jpg今朝から小麦の刈り取り開始、始めた途端に天候は下り坂。
握った感触で水分は30%前後、この高水分では「灯油代が
嵩んで堪らないな」とけちな根性を起こして、一旦は中止した
ものの1万程度の灯油代をケチって、下り坂の天候を指を
銜えて遊んでる阿呆もないもんだと思いなおして再開する。

30分で一袋(350-400キロ)、通常は20分で一袋程度。今年は繰り返し強雨に叩かれ
大体平年作の7-8割とみたが、作業能率から見ても、大方、そんなところだろう。今年に
なってコンバインの能力が急に落ちたような気もする。下りは良しとして、昇りは後ろから
押してやりたいほど情けない。プーリーかベルト交換で対処できるか?
尤も、これを書いた後、去年の記事を確認したら「約10分で300キロ、ここ数年の実績
では15-20分で300キロ。中々幸先良い」と書いてある。そう云えば、一昨年までの数
年間は、いろいろな意味で不作続き、去年、やっとそれ以前の状態に復帰できたところ
だったのを思い出した。忘れっぽいもんだね!。
午前中の初期水分29.6、午後はこの霧のなかでもやや低下して29.2%
[PR]

by agsanissi | 2007-07-10 19:04 | 小麦


<< 土を考える/作物栽培の矛盾/2      葉のつき方の規則性(葉序)の話/余談 >>