農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 11日

与太記事

15.4/17.2度、昨夜から1-2ミリの比較的弱い雨、雨雲本体はこれからいよいよ沿岸部に
かかりそう。今朝の予報では明日は曇だったが、終日雨の予報に変わった。前線は北海道
沖の高気圧の張り出しでやや押し下げられるが、北東気流の影響で霧雨程度は免れぬと
思っていたが、新たな低気圧が日本海に発生。厄介だね。

7月10日は「納豆の日」だそうだ。
九州のある地方で、地元産大豆を使った納豆の製造を始めたとか、ある新聞記事。
添加物は一切使っておらず、すべて手作り。納豆臭さはあまりなく、マイルドな味に
仕上がっているという。
この日訪れた人たちは「おいしい」と笑顔で味わっていた。Mさんは「昔ながらの味と
好評です。地元産の大豆でできた納豆を特産として売り出していきたい」と意気込ん
でいる


地元大豆を使った納豆製造は大いに結構だし、それ自体に文句を付けたいわけではないから
記事対象を特定できるような固有名詞は書き換えた。こんな記事を書く記者を「阿呆かいな」と
思うだけだ。
1.「添加物は一切使っておらず、すべて手作り」
納豆菌も添加してないのかい?大体、納豆は納豆菌がすべてをやってるんで「すべて手作り」
とか云っても、人間が出来ることは、せいぜい納豆菌を添加するくらいのこと。藁つとに包まった
納豆かと思いきや写真を見ればポリパックに入っている。すると「すべて手作り」とは、いったい
何を手作りしたのかね?納豆菌か、藁か、大豆か、ポリパックか??
2.「納豆臭さはあまりなく、マイルドな味」「昔ながらの味と好評」
僕なんか、納豆臭さのない納豆なんて何のことだと思うけれど、まあ、それは各自好みだから
一向に構わないけれど、昔のものは大体、みんなそれなりの臭みがあって、一種独特の個性
を発揮していたもんだ。独特な臭みのない、マイルドな味なんてへんてこりんな物は、それこそ
今風なんだ。それを「昔ながらの味」なんて笑わせるよ!!

要するに、地元産、手作り、マイルドな味、おいしい、笑顔、昔ながら...中身のなんにもない
決まり文句を並べ立てただけの与太記事だ。これが納豆記事だから、まあ良いとして、こんな
阿呆な記事を書いて恥ずかしくない才能は政治記事や国際記事を書いても、大して変わらん
もんだよ。
余計なお世話だけどな。
[PR]

by agsanissi | 2007-07-11 20:46 | ミミズの寝言


<< 土を考える/自然農法/3      小麦の刈り取り及び乾燥データ >>