2007年 07月 15日

台風接近/小麦収穫期の天候

台風4号は、午前9時現在名古屋沖で、やや北寄りに進路を変えたが、これは一時的な
偏りで、静岡沖または関東沖で東向きに進路を変え、岩手県に最も接近するのは明日
未明で、天気予報は今日の午後から急に雨風が強まるので厳重な警戒が必要と伝え
ている(16時、暴風域はなくなり、接近の可能性もない)。

週間予報は、17日火曜日まで雨の予報になっているが、台風の進路次第では明日の
午前中には止む見通しが出てきたような気がする。これは本当に微妙なところ。午後に
は「小麦の刈り取りを再開できるか」というのは、いかにも甘すぎる希望的観測か?
10時過ぎから、やや風が強まり、空も明るくなるとともに、降り続いていた霧が止んだ。
台風に伴う上空の渦巻きが東北北部にもかかり始めたということか?

参考:
○「デジタル台風」のサイトは、リアルタイムに表示される情報が一段と充実
○新たに「台風への目」と題するトラックバックを利用した参加メディア型のサイトは、
各地のリアルな情報を伝えている。応用性の高い興味深い試み。

いままで低かった気温も昨日の昼過ぎからやや上がり気味で、昨日は17度、今日は
10時現在で20度まで上がっている。
雨とこの気温で、ジャガイモには俄かに疫病の危険が高まってきた。その兆候も僅か
に見えてきた。前回の防除から既に三週目に入って効能は期限切れ。
最も早く収穫に入る場所も、後二週は持たせたいところ。遅いところは四週から五週は
持たせればベストだ。というわけで、この霧雨の続く中、昨日の午前中に三分の一ほど
防除した。

問題は小麦だ。そんなことをしても何にもなるわけではないが、7月1日から15日まで
この四年間の雨量、日照時間の比較をしてみた。ゴチックは刈り取り日、05年は19日
が最初の刈り取り日で、次は23日、途中で刈り取りを放棄する。
      2004    2005    2006       2007  
7/01、   0、12.4   17、0.4   27、0       0、3.7
7/02、   0、5.4    0、0      26、0       1、6.3  
7/03、   0、11.9   0、9.3    2、0        11、0
7/04、   0、6.1    30、0     1、0        3、1.9
7/05、   0、4.3   30、0     2、0        63、0
7/06、   0、11.6  32、0     11、0       1、5.1
7/07、   0、2.0   29、0     0、0        0、13
7/08、   0、0.1   0、0      0、0.2      0、12.9
7/09、   0、5.5   0、2.1     0、4.2      0、10.1
7/10、   14、7.3  24、0     0、2.2      0、0
7/11、   105、0   4、0      0、6.6      21、0
7/12、   5、0.2   2、0      1、6.6      1、0
7/13、   2、0     0、9.5     0、0.1      11、0
7/14、   0、0     2、0.1     0、11.5     2、0
7/15、   0、3.1   0、6.3     0、1.4      11、0
[PR]

by agsanissi | 2007-07-15 12:07 | 気象/季節メモ


<< イミテーション文化/土を考える...      土を考える/植物工場/5 >>