農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 25日

ジャガイモが...

15.1/24.1度、日照9.7時間、昨日から俄かに暑くなってきた。といっても24、5度だから
贅沢な話か?!日曜日のニュースで、「各地で水の事故が...」云々と喋っていた。
一瞬、「何のことだ?」と思ったが、そういえばもう夏かとやっと思い出した。昨日、青森の
友人が訪ねてきて「先週あたりは寒いの何の、かと言ってストーブをつければ暑いし...」
などと喋っていた。さほど、呆れた話でもないから呆れたもんだ。


c0048643_1746293.jpgホウレン草の集荷で村中を廻っている農協の職員がやって来て
「今年のジャガイモは枯れるのが早くないですか?」といった。
「予想より4-5日は早いけれど、まだ黄変期で枯れるというほど
じゃないね」
「いや、すかっり枯れてますよ」
「どこの畑を見てきたの?」
「村中です。すっかり枯れて残ってるところはないですよ」
「僕の畑のことじゃないのか。どんな風に枯れてるの?」
「すっかり茶色くなって、葉っぱは丸っきりなくなってる。いつもより早いじゃないかな」
「ああ、それは疫病だ。11日から一週間雨が続いたし、気温も17、8度だったからね。絶好の
疫病が蔓延する条件だよ」
「風来さんのは大丈夫なの?」
「早めに掘るやつは、もう枯れて良い頃だから放って置いたけれど、後半の奴はあと二週間
は頑張って欲しいから、14日に、霧の中、疫病防除をやったから大丈夫だ」
「霧で流されないの?」
「一部怪しいところがあるけれど、まあ効いたようだから効果はあったんじゃないの」
「病気か、それで芋は大丈夫なの?」
「やや小ぶりの芋になるけれど、食べるには問題ないね。ちょっと早いかなと思うくらいで、
普通の人は殆ど病気だったというのも気付かないくらいだろ。普段より小さいなと思っても、
今年の作柄だというくらいで、なぜ小さいかなんて考える人は、まず居ないね。それで良い
のさ、それで商売やってる訳じゃないし」

********************************

昨日今日とソバ播種の準備、昨日は東23(ナタネ跡)と東7(ダイズ跡)にハローをかけた。
直前まで、今年はブロードキャスタでばら蒔きにするかと考えていたが、ハローをかけながら
「やはりグレンドリルで播こう。町歩当り2000-3000円は安上がりだし、時間が三分の二で
済むしな」と考え直した。
それにしても何故、ばら蒔きにしようとしたのかナタネの鋤き込みが上手くいかないと思った
のかな、忘れてしまった。グレンドリルのソバ用への組み換えに3時間もかかる。その後、
40分で1町歩だけ播き終わる(反部8キロ、肥料はチッソで3.6キロ)。少々気疲れした。
残り2町歩は明日に残す。2、3日遅れたが、ほぼ順当なところだ。
裏山でヒグラシの合唱が盛ん。
[PR]

by agsanissi | 2007-07-25 18:21 | ジャガイモ


<< 土を考える/化学農法・続/10      土を考える/化学農法/9 >>