農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 02日

政治的天気予測

「作業日誌」という性格上、一般的には、政治的問題には触れないことにしているが、
「もともと政治的才覚と指導力を欠如しているが」と、わずか四日前に書いたばかり
だが、これほど「才覚」を欠如しているとは思わなかった事実が相次いでいるので、
再論したくなった。

小泉さんの政治的手法の特徴は、劇場型と表現されることもあったが、従来の用語
を借りればポピュリズムというのが、最も適している。
簡単に、その政治的手法の特徴を思いつくままに指摘すると、
・派閥を基礎にせず、むしろ派閥を基礎にした集票システムの機能を壊した。
・自民党の領袖の頭越しに、直接、国民に話しかける政治スタイルをとった。
・国民の心を掴む明快なスローガンを提起するのが得意だった。
・派閥順送りの閣僚人事を無視して、自分の政治的指導力をアピールした。
・党内の多数派の反対を押し切って、国会を解散し、多数派の反抗を押さえた。
等など。

安部さんは、基本的にポピュリズムの手法を真似ているが(派閥の集票機能が麻痺して
しまったため真似せざるを得ない)、政治的才覚と指導力を欠如しているため、惨憺たる
結果を招いている。
・明白な敗北後、早々に「責任がある」と続投を表明した。これは先月24日に自民党首脳
が過半数を下回った場合も「続投支持」と決めていたためだが、これは二つのことを示して
いる。一つは自民党内部に主導権を争うほどの活力が失われていること。二つ目は国民的
選挙の結果よりも自民党首脳部の意向を尊重する姿勢を明確にしたこと。要するに表向き
はポピュリズムだが、実質は「永田町政治」に逆戻りしたことを誰にも分かるよう明示した。
・仮に、党内事情から「続投」が避けられないとしても(いま政権を投げ出して、民主党に明け
渡したとすれば、一番慌てるのは民主党だ)、「責任がある」という表現は民意を無視する
という立場を明白にして、国民の選択に唾する態度をわざわざ示した。
・「続投」を表明した以上、あとはその問題に触れないようにすれば良いのに、初閣議の席で
わざわざ「選挙の結果を厳粛に受け止める」とこもごも表明することで、改めて「選挙の結果」
をあざ笑うような態度を明快にした。
・赤城農水相を辞任させるなら、選挙前にスッパリ首を切っておけばプラスに変えることが
できたのに、選挙後に引き伸ばしたために、自分の責任を部下に押し付けて逃げようとする
リーダーとしての醜い姿を、却って浮き彫りにしてしまった。リーダーとして辞めさせるべき時
に庇い、庇うべき時に首を切った。

閣僚人事をめぐって党内からも「危機管理能力」を欠いているとの批判を前から受けている
が、政治的に打つ手がすべて裏目に廻るようなやり方・手法を取っていることが特徴で、
政治的才覚の欠如は覆うべくもない。

では民主党が、次回の総選挙で多数派を制して内閣を担う準備が出来ているかというと、
選挙の勝利の日に党首が全く国民の前に姿を見せず、国民の心を掴むという姿勢を示す
努力を完全に怠ったことで明快な方向を示せなかった。民主党は、「敵失」で実力以上に
勝ってしまったというのが真相で、次が本当の正念場になる。
言い換えるとリーダーの政治的才覚によって勢力地図が大きく塗り替えられる時代に入って
小沢さんは、潔さで安部さんより半歩先んじたが、竜頭蛇尾に終えて才覚を疑わせた。

安部さんは、明快な言葉で・歯切れ良く意味不明なことを喋るが、小沢さんは大事な場面で
喋ること自体を拒否して意味不明な態度を取る

以上の事情を考慮すると、これからの政治的天気は荒れ模様のように見えるが、それは
台風のような大荒れの天気ではなく、もの皆腐らせるようなジメジメした梅雨空のような天気
だろうか。
[PR]

by agsanissi | 2007-08-02 22:42 | ミミズの寝言


<< 土を考える/有機農法/15      七月の天候 >>