農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 11日

品目横断的経営安定対策/コメ編

20.0/31.8度、日照11.1時間、30度を超えるとさすがに暑い。
*******************************

平成18年産水稲の作付面積の比較的大きなコメの主産地の面積及び当該道県の品目横断
的経営安定対策の加入面積との比較表を掲載しておく。
平成18年産の水稲の作付面積は全国で168万haで、このうち4万ha以上の作付面積が
あるのは14道県で、その作付面積の合計は101万と全国の総面積の約六割を占めている。
各道県の後段は認定農業者+集落営農組織の加入者の作付面積と各道県の総作付面積
に対する割合
である。同加入者の全国総面積は43.6万haで総作付面積の26%に相当する
から、米の主産地の加入割合は、一部例外を除けば、概ね平均値よりは高い。
加入者割合の高い、北海道、秋田、山形、新潟、富山などは一戸当りの作付面積が比較的
大きいのではないかと想像できる。他方、福島、茨城、千葉など加入者の面積割合が著しく
低い地方は何故なのか、千葉、茨城は自家販売の割合が高いのではないかと想像できるが、
必要な統計資料が得られないので確かなことは分からない。
道府県別の稲作農家の戸数、平均の作付面積など分からないので、当面、これ以上のこと
は分からないが、将来の分析の参考資料として掲載しておく(出所は農林水産統計の「平成
18年産水稲の作付面積及び予想収穫量」から、参照)。

北 海 道   115 500  92449(80.0)、単位:ha、()内は%
青   森    53 400  13496(25.2)
岩   手    60 100  20052(33.3)
宮   城    78 600  24087(30.6)
秋   田    94 400  40624(43.0)
山   形    71 800  33752(47.0)
福   島    82 800   9275(11.2)
茨   城    78 400  7378( 9.4)
栃   木    67 000 16323(24.4)
千   葉    62 800  1182( 1.9)
新   潟   120 900  41123(34.0)
富   山    40 900   16122(39.4)
福   岡    41 400   9973(24.1)
熊   本    43 600  12584(28.9)
合計    1011 600 338420(33.4)

参考:岩手日報によると、岩手県の販売用のコメの作付面積は3.6万haで、
このうち販売用加入面積は1万9019haと、作付面積の概ね五割強が参加
県農業会議は引き続き未加入農家の加入促進を勧めるとのこと。
[PR]

by agsanissi | 2007-08-11 21:35 | 参考記事


<< 芋掘り開始      品目横断的経営安定対策/大豆編 >>