2007年 08月 15日

暑い

22.3/32.9度、日照9.3時間、日中は幾分雲が広がり、やや暑さも和らいだかと思っていた
が、夜になっても気温が下がらず、今年一番の暑さだ。この暑い時期に「暑さ」の話題も気が
利かぬ話だが、他の話はする気にもならぬ。

気象庁の「観測史上1位の値 更新状況」(参照)というのがあるが、今日は北海道・東北を
中心に43ヵ所アメダス地点で最高気温の記録を更新した。このうち18ヵ所が北海道、
11ヵ所が東北地方で過去最高記録を更新した。1994年以来というのが意外に多く、この
年は、東北地方が大冷害を受けた翌年で、「百年ぶりの日照り」といわれた年だ。
前年の夏に、生まれて初めて北東北の寒い夏を経験し、そして「百年ぶりの日照り」と云われ
た94年に、僕は普代に移住した。
この年は、6月中頃から8月中頃まで、約二ヶ月間ほとんど雨が降らず、畑の土は焼けたよう
に熱く、地下足袋では立っていられないほど熱せられた。その時の気温が35.8度。以来、
04年に35.4度、01年に35.1度という経験はあるが、その時の記憶を辿ってみても、関東
以西の40度前後という気温は、ぬるめの風呂に終日浸かっている気分かなどと想像しては
みても、中々、実感のわかぬ気の遠くなるような話だ。

それでも、今日は多少は気張って仕事をやったお陰で、少なくとも日中は、昨日よりは過ごし
やすかった気分だ。
・人参畑に、重曹の800倍液を散布。これは「現代農業」06年9月号に大根、人参、玉ねぎ
などのボリュームアップ作戦として紹介されていたもので、「半信半疑」でやってみたら効果
があったという。僕も半信半疑ながら、やってみるに如くはないとテスト。
・加工用大根の試作テストのため、東8の麦跡にチョッパー&ロータリ。パワーディスクを
使わず、いきなりロータリは中々辛いが、再度ロータリをかければOKか(一反歩ほど)。
[PR]

by agsanissi | 2007-08-15 22:15 | 気象/季節メモ


<< 収穫機整備      「担い手農家」の経営分析/農水省公表 >>