2007年 09月 02日

八月の天候

気象庁の「前4週間の気温、降水量、日照時間の平年差・比」(参照)を見ると、
今年の八月は全国的に気温が高く(今年から新たに日最高気温が35度を上回
る日を「猛暑日」と定義し、関東以西では猛暑日が頻出したり、観測史上一位を
更新する地域が続出した)、日照時間が長く、一部の日本海側を除いて降水量
が平年比の半分以下という地域が多かったことが分かる。そんな中で、新潟の
一部と北緯40度線付近の岩手北部沿岸の一部だけが、エアーポケットのように、
例外的に、気温の平年比がほぼ平年並みに推移している。
とはいえ、普代の八月もさすがに暑かった。日最高気温及び日最低気温の平均値
は27.6/18.3度
で、ともに平年値25.6/17.8度を上回っており、特に最高気温の
平均値は平年値を2度上回った。また最高気温が30度を超える日数は八日間と
過去14年間で、99年、94年に次いで多かった。一方、月間総雨量は82ミリと、
平年値の約四割と雨が少なかった。

この地域は、「盆が天気の変わり目」といわれることが多いが、今年もその特徴が
はっきり表れている。16、17日の両日にかけて東北北部に前線が停滞したが、
17日を境に気温は低下し、雨量が増加し、伴って日照時間は減少気味に変化。
1-16日までの日最高気温の平均値29.1度、総雨量12ミリに対して、17-31日
は各25.9度、70ミリ。風向きは前半が北または北東風が多かったのに対して、
後半は西または南西寄りの風が多くなった。
一般には、冷たい北東気流の吹き込みで気温が低下することが多く、特に冷害
の年にはその傾向がはっきり現れるが、今年は北海道のオホーツク海沿岸部の
高温に示されているように、逆の傾向が現れたようだ。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-02 23:20 | 気象/季節メモ


<< ソバ/大根      ジャガイモ/加工人参/黒ダイズ >>