2007年 09月 07日

作物の要水量

23.8/25.1度、20時現在の24時間雨量は64ミリ、風はほとんど止み、南南西の空に木星が
明るく輝く。沿岸北部に出ていた大雨・洪水警報は、19時27分に注意報に変わる。暴風・波浪
警報はそのまま。明日の吹き返しに要注意ということか。21時過ぎ再び雨。
************************************************
作物の乾物1gを生産するのに、どのくらいの水を必要とするかの倍率を「作物の要水量」また
は蒸散係数という。これについては「講読の部屋」(参照)の「土壌・肥料学の基礎」の中で取り
上げたことがある。
主な野菜の要水量は、タキイの「園芸新知識野菜号」の中で、「ダイコンなどの根を作るのに
どれくらいの水が必要ですか?」(参照)と題する設問に関連して引用されている。
それによるとキャベツ(196)、レタス(183)に比べて、キュウリ(765)、ナス(423)は、非常に
水分要求量が多いことが分かる。トマトや夕顔の要水量は分からないが、今年のキュウリや
夕顔の不作とナス・トマトの出来の違いは、多分、要水量の違いに依存する。キュウリ、夕顔、
冬瓜など、いずれも花は沢山咲いたが実をつけずに落花してしまったのは、八月高温時の水
不足が原因と見て良いか。ちなみに大豆の開花期間中の要水量も極めて高く(584)、この
間の水分量によって結莢率、莢数・粒数に顕著な差が出る(参考)。

俗に「ナスに無駄花なし」というが、「営農アドバイス・ナスの栽培管理」(参照)を見ると、
・「茄子は水で作る」と昔から言われるように、多くの水を必要とします。また、肥料が切れると
樹勢が落ちるので、水、肥料を切らさないようなこまめな管理をして、夏の美味しいナスがたく
さん収穫できるようにしましょう。
・「ナスに無駄花はない」といわれますが、これは少し間違った表現です。樹勢が落ちると落花
が増えて、収穫量が減ってしまいます。

と書いてある。とすると、キュウリとナスの違いは、要水量だけに依存するものなのか?
[PR]

by agsanissi | 2007-09-07 21:06 | 作業メモ


<< 台風一過      台風9号 >>