2007年 10月 25日

小麦の生育比較

3.3/17.9度、日照8.4時間、今日も快晴、三日前から西7の小麦畑に転がるヨモギの根っこ
を拾い集めて歩く、やや汗ばむ陽気。

c0048643_20191260.jpg16時52分、海上に輝く月を仰ぐ。今日は旧暦の9月15日、実際の
満月は明日の13時52分、21時間早い。ちなみに明日は月が地球
に最接近し(今年の)、南中時(23時43分)の視直径(視角で計った
直径)が今年最大に見えるそうだ。尤も、明日は曇または雨か



c0048643_20285435.jpgc0048643_2029413.jpgc0048643_20301744.jpg






西7の二列目南西側の生育ムラが酷い。生育ムラと云うより、出芽ムラがそのまま生育の
遅れになっている。この部分は、例年悪いし、ダイズを播いても出芽率は悪い。但し、小麦
の場合は、春までにはかなり遅れを取り戻し、収穫時にはほとんど差を感じない。

c0048643_20403755.jpgc0048643_20411971.jpg一方、西1は南側から見ても、北側から
見ても、問題はないようだ。但し、北側
から見ると、4-5列おきにやや色が薄い
ような気がする。北側は入り口付近の
出芽が遅れていたが、今は問題ない
ようだ。

******************************
今晩、Kさんから「5月初めに播いた黒ダイズが、まだ青々している。盆過ぎのような
具合でなんす」との電話を貰った。
「思い当たることはありますか?」と聞いたら、「鶏糞がちょっと多かったか」と。
反歩180キロの鶏糞を入れたとのこと。発酵鶏糞かどうか分からぬが、三分の一以下
で良かったのではないか、倒伏やツル化しなかったのが、せめてもの幸い。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-25 20:48 | 小麦


<< 生活習慣病/覚書      「食料の未来を描く戦略会議」 >>