2007年 10月 30日

ソバの一次選別

昨日今日と二日間で、トオミを使ってソバの一次選別。
刈り取り時には、茎はまだかなり湿気を含んでおり、刈り取った実の中には相当量の茎が
混入してくる。乾燥機にいれ、5-6時間、送風循環をかけるだけで、茎は乾いてかなり吹き
飛ばされる。刈り取り直後に、ここまでやっておかないと、蒸れて発熱し、風味が失われて
しまう。
一次選別で、わらくず(茎)をある程度飛ばして、再度、送風循環にかけて後、最終選別に
かける。一次選別後の収量は、
東23は500キロ(反収は概ね30キロ、コスト割れの限界値は20キロかな?)
東7は900キロ(同じく70キロ)、
さてこの違いは何か?
東23はナタネ跡、東7はダイズ跡、東23はナタネと競合したのに対して、東7はダイズ跡が
プラスした。熟期との関係で東23は台風の影響を強く受けたが、東7は免れた。また東23
の後半部の刈り取りを東7の終了後にした為に、刈り取り期が大幅に遅れ、落実が多かった
などの事情が考えられる。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-30 22:11 | ソバ/ナタネ


<< 「管理社会」      守屋氏の証人喚問 >>