2007年 11月 05日

秋ジャガイモ

時々、思い出したようにコメントを下さる「とびら」さんが自分のブログで秋ジャガのことを
「昔2、3回、多分「デジマ」でやったけど、種芋と変わらないくらいしか収量がなかった
(という印象)ので」
止めたけれど
「種代がタダ、ということで、ダメもとでやりました。発芽が遅く、この夏の猛暑で、やられ
てしまったかと思ったのですが、レッドムーンがまず発芽、インカは非常に貧弱な感じ
でよろよろと出てはきました。」
参照
と書いておられる。

お節介な話だが、ジャガイモのこととなると、つい口を挟みたくなる。僕の地方では、当然、
秋ジャガイモはできないから、経験的な知恵は皆無だが、ジャガイモの生理的特徴から
一般的に、二つの問題点を指摘できる。
1.生育適温が12度から22、3度で、23度を超えると、ほぼ芋の肥大はストップする。仮に
7月初めに植えるとして11月初めまで、最近の熊谷地方では最長でも30日程度の肥大期
間しか取れないので、収量はもち論、デンプン価の低い未熟芋しか期待できない。
2.自家芋をタネにする場合、約二、三ヶ月の休眠期間があることを考慮して、催芽処理が
不可欠になる。春植えでは浴光育芽をやるが、秋植えの場合は「冷涼な所に揚げ床を作り
種芋をふせて、イモ面が露出する程度に土をかけ、萌芽後定植する冷床育芽法
」(「ジャガ
イモの作り方」知識敬道、浅間和夫著、農文協から)ということをやる。それでも肥大期間は
最長で一週間伸びれば良い方だ。従って成熟芋を作るには絶対的に生育期間が短い。
以上は、一般的なことで、秋作は温度と日長の組み合わせが春作とまったく逆になるので、
品種的には温度と日長に鈍感なもの、また休眠期間の短いものを選ぶ必要がある。

以上の点を考慮すると、自家芋を利用して秋作をやるのは、「ナス科の作付面積を増やす
だけ」で、駄目もと以下(畑を悪くする)の結果にしかならない、というのが僕の判断だ。
尤も、いかなる理屈も実践には及ばない点もあるから、まずやってみるに如くはない。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-05 19:17 | ジャガイモ


<< 辞めるって?!/補足      ダイズ刈り取り >>