農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 11日

小麦播種

△3.2/6.7度、日照3.6時間、陽射しは午前中のみ、午後は全天雲に覆われる。

東15の大豆跡地に小麦を播種する。コンバインで大豆を刈り取った後、そのままの状態で
不耕起播種する。霜解けの泥寧がこびり付いて往生するが、実質的な障害にはならず。
雪は数日前に消えるが、雪の残っているうちに播種したほうが良かったか。
播種面積189a、播種量270キロ(14.2キロ/反、12列、メモリ57)
米糠ペレット1140キロ(30×38袋、60キロ/反)

この時期の播種目的は、
・冬季播種の可否、大豆跡の播種を導入でき、輪作体系のバリエーションが広がる
・ソバ跡の小麦播種は可能だが、野良生えの混入の危険を考えると不可
・米糠ペレットは、偶々、入手したため、利用法を考える
[PR]

by agsanissi | 2007-12-11 21:33 | 小麦


<< 加工用大根      食料自給を考える/道草/3 >>