2005年 02月 22日

帰宅

今日の16時頃、普代に無事到着した。

沿道の畑を横目に、あれこれと今年の計画が頭に押し寄せてくる。

現場主義」という言葉があるが、何よりも百姓は現場主義に徹しなければ駄目だ。
そういう点から見ると、最近の「耕す生活」は、「耕す生活」がなかったせいか、
やや言葉遊びに近い観念的傾向が強かったかなと反省。
とはいえ、現場を離れることも大事かなと、一晩寝て起きたらふとそんな思いが浮かんだ。環境が変わって、意識の表層からは消えていても、意識下には「耕す生活」があるのだから、単なる言葉遊びであるはずがない。視野を変えてみる。02/23)

今日はもう遅いから畑には行かないけれど、明日行って見よう。
多分、一面の雪世界だろうけれど。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-22 20:42 | 作業メモ


<< 天候急変      都市近郊農業の試み >>