農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 05日

公開講座/女子栄養大学

女子栄養大学が「オープンコースウェア」を開設した(参照)。
栄養学の宝庫である本学では、このほど大学の授業やその資料を公開するWebサイトを
開設いたしました。このサイトを通じて、皆様が健康、環境、食文化などにつき正しい食生活
という原点
に還って学習を深めてくだされば幸いです

と謳っている。

時宜にかなった画期的な試みだ。

もう一度、神門氏の引用をしておく。
消費者自身が何をしてきたかを観察してみよう。現在の日本で最大の食の問題は、食生活の
乱れである。BSEや遺伝子組み換えなどが仰々しく報道されるがまだ科学的にも未解明の
部分が多いし、健康危害の報告例も少ない。それに較べると、食生活の乱れは広範に発生し
ていて、しかも確実に心身の健康を侵す
。(参照

ギョウザ事件の報道を見ていると、「食生活の乱れ」どころか「食生活の崩壊」とさえ感ずる。
自分の胃袋を満たす作業さえ、あたかも機械化された工場生産の一工程に変えてしまい、
自分はただ最終工程で、口をあけて待っているだけ。
包装紙の謳い文句を真に受けて、それで健康や栄養に「気を配っている」などと安易な自己
満足に耽り、一旦、事件や事故が起これば、責任を全て他人に押し付け、犯人探しに狂奔
する。こんな「食生活のあり方」には、どこにも陥穽が待ち受けている。
以上は余談だ。

さて、「オープンコースウェア」、まだ「栄養学部二部」の「栄養生理学」講座の一部が
公開されているだけだが(食文化栄養学科の一部と表記されているが、何かの間違い)、
幾つか興味深い講座名が列挙されている(参考)。今後の充実に期待する。
更に、雑誌「栄養と料理」のデジタルアーカイブスが公開され、現在、昭和41-63年分の雑誌
が検索対象になっている。例えば、「コレステロール」と検索すると37件の記事がヒットするが、
「中性脂肪」では、1件もヒットしない(ちなみにgoogleでは139万件ヒットする)。勿論、メタ
ボリック症候群はヒットしない。使い方の工夫で、面白い探索が出来るかもしれない。
[PR]

by agsanissi | 2008-02-05 03:56 | 覚書


<< 人波が...雨を誘う      豆腐屋さんの「受難」 >>