農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 24日

様代わり

明け方から雪が降り始めた。

c0048643_10302454.jpg一昨日と昨日は、二月に入って初めて、日中最高気温が
10度前後にまで上がって、日陰に残っていた雪氷もグズ
グズのシャーベット状に融け、畑の雪は殆ど消えて、麦
が見えていた。
昨日から、大荒れの天気が予報されていたけれど、日本
海側と内陸が中心だろうと、「高をくくって」いたら、なんと
大雪の中心は北部沿岸に移ってきた。





c0048643_1038827.jpgc0048643_10383326.jpg昨日の日中とその
6時間後の太平洋
側の気温を比較す
ると、7-9度くらい
下がっている。
ここらでは当り前
だが、関東辺では
急変という感じか


c0048643_10501889.jpgc0048643_10504286.jpgc0048643_105145.jpg









太平洋側の昨日の日中から夕刻に掛けての暖気と寒気の入れ替わり、
明け方に掛けての東北北部沿岸の雪雲の急速な発達の様子を天気図の
変化で跡付けてみると、上記のようになっている。
昨日の15時過ぎに、前線の通過に伴い一時的に雷雨と突風、夕刻以降
は所々に薄雲がかかるが、星と朧月も見える。比較的穏やか。
やや変形の「二つ玉」低気圧だが、天候の移り変わりは、ほぼ定型通り。
9時34分に、岩手県全域に「大雪,風雪,着雪注意報」が出されたが、
沿岸部のみ「暴風雪,波浪警報」が出されている。
但し、風は意外なほどに静かだ。音もなく雪が降りしきる。

参考暴風雪と高波及び大雪に関する岩手県気象情報第6号
平成20年2月24日09時53分
[PR]

by agsanissi | 2008-02-24 11:06 | 気象/季節メモ


<< 閉鎖的ギルド社会      現状で書けることは... >>