農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 26日

追肥効果が見えてきたかな?

内陸部は、今朝は軒並み氷点下、藪川・区界などは氷点下5~4度まで下がっている。
沿岸部では普代は、やや低いほうで+1.3度。

c0048643_4245986.jpgc0048643_4403976.jpgc0048643_4413290.jpg









こうして三枚を並べて見ると、やや追肥効果が見えてきたかなという気がする。
左は、4/15の追肥直前のもの。隣の二枚は昨日の午後、幾分、傾向は残っているが改善された。

ついでにナタネの話だが、今年はすっかり消えてしまった。
去年のうちは、弱々しいながら出芽していた。ところが、今年戻って見ると、殆ど消えていた。
播種時期が遅すぎたのだろうか、雪がなかったために寒さにやられたのだろうかなどと疑問
に思っていた。東23のソバ跡に、その前の年に播種したナタネのこぼれた種子がきれいに
出芽して、かなりの大きさになっていたものもすっかり駄目になってしまった。
ところが、一部、冬前にかなりの大きさ(15~20センチ)になっていたものは元気に伸びている。
やはり播種時期が遅すぎたせいだろうか、と考えていたところに
岩泉の方が来て、9月に播いたナタネが、去年内はきれいに揃っていたのに、今年になって
「すっかり消えてしまった」と話していた。普代と同様、雪がなかったそうだ。
ナタネは、意外に寒さに弱いのかしら?
[PR]

by agsanissi | 2008-04-26 05:01 | 小麦


<< 農薬の「安全性」に関する面白いお話      農機管理組合/下 >>