2008年 04月 29日

ジャガイモ播種手順

昨日、ジャガイモの袋詰めをしていると、「いつまで何やってるのよ?!」と云われてしまった。
口癖のように「早植え、早植え」と云ってるのを揶揄されたのだ。
「ゴールデンウィークに播くようじゃ、止めた方が良い」等といいながら、さて掛かってしまった。

気象条件もあるし、体力条件もあるし、昔は、こうなれば焦りに焦ったが、焦らなくなったのが、
進歩か退歩か、年相応の知恵か?

22~24日と三日間に2.6トンほど播いて、24日の昼過ぎから25日にかけて雨、26日は晴れ
たが条件が悪く、27日は俄か雨、28日に1トン播種。実際の播種時間は1~2時間だが、準備
に時間がかかり、中々、思うに任せない。

c0048643_3523294.jpgc0048643_353385.jpg










まずは、地面に広がった芋を23キロ程度の小袋に詰める。ただ詰めるだけではなく、詰め
ながら最終点検をする。一見、立派だが芽の動きの悪い芋、表は異常なしだが裏返せば
腐れのあるもの。以前は、人に頼んでいたが、安心して任せらる人がいない。
選別眼が、年取った人は「もったいない」という意識が先に立ち、若い人は機械的になるし
と、なかなか難しい。結局、自分でやることになる。

c0048643_465291.jpgc0048643_473893.jpg









今度は小袋から200キロの袋に詰め替え、播種機の芋タンク(100キロ×2)に詰める。
この詰め替えの二度手間を何とかしたいと、昔から考えているが、良い知恵がない。
ここまで準備すれば、後は簡単。
この畑の最大長は300メートルあるが、両端10メートルを落として280メートル、これを
4.2キロ/hで走って4分、往復に10分かからない。13年前、この畑に初めてジャガイモ
を植えたときは、肥料をまいて、土をかぶせ、種芋を置いて、土をかぶせ、一工程を終わ
らせるに、往路に半日、復路に半日、12時間労働で一往復したのを思えば夢のよう。
280メートル÷30センチ≒930、930×4×50グラム≒180キロ、6往復で1トン強。
1トンの芋を播くのに、芋と肥料(100キロのタンクが芋タンクの前にある)をつめる時間を
入れても1時間強で充分。

c0048643_430931.jpg播種跡は、こんな風に平畝になる。地温の上がりにくい時期は、
芋の出芽時期を早めるために平畝にしておくのが合理的だ。
除草をかねて、中耕カルチを三度ほど繰り返し、徐々に畝を
盛り上げ、今からだと6月第一週までに最終培土をして25cm
ほどの高さに盛り上げる。
畝が湾曲しているのは、地盤がやや軟弱なためですね。
[PR]

by agsanissi | 2008-04-29 04:39 | ジャガイモ


<< 「毒」とはなにか?      農薬の「安全性」に関する面白いお話 >>