2008年 05月 01日

「毒」とはなにか?

以前、「土を考える」を書いていたときに農薬の毒性に関連して「毒」とは何か?をきちんと書い
ておかなければと考えていたのだけれど、未だに果たしていない。

化学合成された物質を忌避して、天然素材のものなら安心する素朴な心情は、まあ「反科学
主義」の流れとして理解できないことはない。西洋と東洋では「自然」の受け止め方自体が
違っているだろうし、これはまた僕の単なる直感なのだが、科学する態度そのものに微妙な
違いの影を落としており、科学的客観主義といっても一様ではないのではないか。

これは余談として、ある物質が「毒性」を持っているかどうかを判断することは、それほど単純
なことではない。天然にない合成物質は、自然にとって毒だという考え方もあるが、これは明確
で分かりやすいけれど、これは単なる信念のようなもの。他人の信念をけなすつもりはないが、
天然と合成との境界線は、アダムとイブがリンゴの実を食べて以来、微妙な問題だし、本質的
な意味では科学的合成物など何もない。こういう哲学的話は脇においても、「毒性」を計るには、
必ず量と質を問題にしなければならないが、農薬の「毒性」を問題にする議論には「質」だけを
云々する偏頗な議論が多い。僕なりの考え方をまとめるのは、またいつかのことにして、4/28
の農協新聞に「毒性とは何だろうか」という関連したコラムが載っているので、問題提起として
紹介しておこう。

以下引用。
いったい毒とはなんでしょう? という問いに対し、多くの方が「そりゃ簡単な質問だ。飲めば
すぐに死んでしまうものを言うのだよ」とお答えになるようである。はて、そうであろうか。確か
に青酸カリのように飲めばイチコロのようなものがあり、毒に対しては怖いイメージがつきま
とう。けれども、この世には色々な物資があり、天然物質や化学物質やらそのどれもが多か
れ少なかれ毒性を持っているのである。このことは、幾度となく農協新聞さんでも取り上げ
られているので、多くの読者の方がご理解なさっていると思う。
 そう、毒というものは、「あるかないか」ではなく、「強いか弱いか」で判断しなければならない
ものである。農薬にしろ、医薬品にしろ、物質が持つ毒性を上手に使っているに過ぎない。逆に
いうと毒性があるからこそ、薬にもなるのである。昔から、何の役にも立たないことを指して
「毒にも薬にもならない」というではないですか。
 ところが、現在の農薬に対する反応をみていると、「虫が死ぬから毒だ」とか「草が枯れるから
人間にも影響があるだろう」といった非科学的なものが多いような気がする。人それぞれに考え
方があるので、全否定するつもりはないが、それが「全て正しい」と思いこむのはどうかと思う。
農薬の毒性試験って「これでもか!」というぐらい安全性に関する試験データが求められ、虫は
死ぬけど人やトンボには大丈夫だとか、草は枯らしても人は枯らさないなどの証明データが
きちんと整備されている。
 ADIや基準値にいたっては、動物実験で毒性を示さないという量からさらに100倍も1000倍
も安全見越した数値が採用されている。トンボは、世の中に農薬ほど特性や安全性が明らかに
されている物質はないと思うのだがいかがであろうか?
参照
[PR]

by agsanissi | 2008-05-01 06:19 | 考える&学ぶ


<< 寒暖差      ジャガイモ播種手順 >>